平成30年度講演奨励賞受賞者が決まりました

 平成30年度第2回研究会において発表された「In-situ Euドーピング技術を利用した微傾斜 (0001) GaN 表面のステップバンチング抑制」について,大阪大学大学院工学研究科の市川修平氏が日本材料学会半導体エレクトロニクスの平成30年度講演奨励賞を受賞されました。おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です